今日、出会う言葉

『自分のビジネスがクライアントの笑顔と感謝を引き出すものであると確信でき、きちんとそれを提供する準備ができているとしたら、遠慮せずに求めていいのです。』
〜鳥居 祐一〜

あらすじ

鳥居祐一さんの著書『遠慮しない生き方』から、「いらっしゃい!いらっしゃい!がビジネスの基本」の項目の言葉。
鳥居祐一さんがとある方のパーティーに出席して、毎回乾杯の挨拶をしています。述べ、3500人の方の前で挨拶をしているとのこと。

乾杯の後の名刺交換では長蛇の列。
毎回50人を超える方と写真を撮ったり、著書にサインをしたりしていました。
これまでに参加したパーティーを合わせると1000人近い方と名刺交換をしてきて、そのうちの多くの方が鳥居さんのメルマガ読者になってくれたそうです。

しかし、メルマガ読者になってくれても、鳥居さんの会社の商品やサービスを買ってくれた方はほとんどいなかったそうです。

原因は何だろうかと考えたら、乾杯の挨拶の内容が無難で面白くなかった。
なので、『面白くない挨拶はもうやめよう。自分らしい尖った挨拶をしよう。』と乾杯の挨拶を次のように変えました。

「僕はこれまでたくさんの方の人生を変えてきました。
世の中の貧富の格差は、恐ろしく広がってます。しかし、そのなかでも稼いで自由に生きている人はたくさんいることを知ってほしいのです。
僕は、今日のこのパーティーで、やる気のある方、人生を変えたいという方に出会いたいです!今の人生では嫌だ。自分は変わりたいという方は、ぜひ僕と名刺交換をしに会いにきてください。
そういう真剣な方を応援するのが僕のライフワークですから」

これが、項目のタイトルでもある「いらっしゃい!いらっしゃい!」のスタンスに当たるわけです。
この呼びかけをした結果、名刺交換にきた方は10名ほどでしたが、これまでにはできなかった真剣な話ができて、今後に繋がるよいご縁が得られたのです。

改めて「人生は求めないと得られない」という経験をしたそうです。

考察&今日のまとめ

やはり、単純に『自分はこれができる』と、自信を持って発信することが大事なのだと思いました。
ついつい「なんでもやります!」と言ってしまいがちですけど、「僕はこれが得意です。」「こんな勉強をしてます。」「こんな作品ができます。」と外に向かって言わないと他人には伝わらないんですね。

お客さんの笑顔と感謝を引き出すために、それを提供する準備をする。

技術を磨くことや人に発信するなど、できることは無限にある。
自信が持てるまで自分を鍛える。
笑顔と感謝を引き出すためにそれを遠慮せずに伝える。

その頑張った成果を遠慮せずに対価として求めていきます。

本日のご紹介の書籍はこちら


著者:鳥居 祐一
出版社:サンマーク出版 (2019/3/18)
HP:http://www.yuichitorii.com/
メルマガ登録されることをおすすめ致します。

text:荻野 哲生
書:荻野 哲生




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です