【突撃!となりのミーティング】三浦太鼓店編

2つの仕事場の架け橋。前向きになれるミーティング。

先日取材でお伺いした、岡崎市にある「三浦太鼓店」。
(現在、鋭意制作中です。しばらくお待ちください。)

そのとき三浦さんが、こう話していた。
「うち早朝ミーティングっていうのをやってるんですよ。毎週金曜日に。仕事場が本店と作業場とで2つあるので、お互いにコミュニケーションをとる時間というか。
通常の始業より1時間早くみんなが本店に集まって、それぞれが目標を言い合ったり、来週はこんなことを考えてますーとか話したり。
そういう何気ない話から、ポンポンっと新しい方向が見えてきたりするんですよねー」

なんかおもしろそう!見に行っていいっすか?!
「えー、いいけど、ホント普通のミーティングだよ(笑)。
それに朝早いですよ?」
いいんです!三浦太鼓店さんの取り組みが、そのミーティングから生まれるなんて、魅力的じゃないですか!

そんなこんなで…

嫌な顔せず出迎えてくれた、懐の深い三浦さん(写真左)。

呼んでもらっちゃいました(押しかけた、が正しい)。

「ちょっと、ほんとに来たよこの人たち(笑)」
「おもろいっすね(笑)」
などと、社員の皆様からこれ以上ないお褒めの言葉もいただき。

暑苦しい我々に戸惑いながらもほほ笑んでくれる、やさしい社員さん。(朝7:30)。

早朝ミーティングでは、今取り組んでいるイベントについての進捗や、改善点の話し合いなど。
見ていてわかったのは、若い方もしっかりご自分の考えを持っていらっしゃるということ。
それをご自分の言葉で伝えているし、三浦さんも口を出さず黙って聞いている。

…これって、なかなかできないことなんじゃないかと思う。
話す側の意思も強く、聞き入れる側の器も大きいのだ。
そのどちらか一方でもブレないからこそ、場にいる全員が気持ちのよい、建設的な話し合いの場となる。
だからこそ新鮮な企画も斬新な発想も生まれるのだろう。
「やりたいことをやれる・言いたいことを言える職場環境」の在り方を、この早朝ミーティングで見た気がした。

1時間ほどの早朝ミーティングを終えたあとは、通常の朝礼へ。

そこでは驚きの“儀式”が。

!??

!!!??

突然の握手ラッシュ(両手)に戸惑う我々。
しかも「うれしいうれしい!」「うれしいうれしい!」と言いながら、握手を交わしているではないか。
すみません。我々ちょっとびっくりしてしまいましたが、これはどういうアレなのでしょう??

「んー、握手ってなんかパワー出ません?せっかくなら両手で握手したいし。で、今日も元気に会えてうれしいな!ってことで、『うれしいうれしい』って言おうかなって」

いいですね!モチベーション上がる!
握手を片手ではなく両手で。
「今日もよろしく」ではなく「会えてうれしい」。
たったそれだけの工夫でも、気持ちはだいぶ違うんだな。

朝日をしょって、一層爽やかな三浦さん。

というわけで、早朝ミーティングに行ってみたらこんな素敵な光景に出会えた我々。
コレ、なんだかとってもおもしろかったので、
「うちのおもしろいミーティングも見に来て!」
「変わった朝礼やってるよ!」
など、朝礼やミーティングを見せてくれる方を大募集しちゃおうと思います!

お問合せフォームより、ご応募くださいませ^^

Text:光田さやか
写真提供:三浦太鼓店様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です