【MEETS ME 岩手へ飛ぶ】黒毛和牛仔牛の競りを取材してきました。

小牧空港からFDAにひょいっと乗って、岩手県に取材に行ってまいりました。
岩手県といえば、世界遺産 平泉寺。ぴかぴか金色堂。
ぼくらのイーハトーブ。宮沢賢治さんの誕生地。
そんな印象です。

しかし今回の取材はそのどれでもなくて、いわて中央市場での仔牛の競りでした。 会場の外から、子牛の鳴き声が聞こえてきて、それだけで胸が苦しくなりました 。

嫌だ嫌だと、体躯を捩って前に進まない牛たち。人間が3人がかりで押して、順番に並ばせ。

400頭もの仔牛がどんどん競りにかけられ、あっと言う間に値段がつけられ、
競り落とした業者のもとへと振り分けられました。

これから仔牛を愛情持って育てて、屠殺して、精肉にし、売るのですね。
改めて、すごい現場にいるんだと実感しました。

右脳で育てて、左脳でお金の計算。
業者の方々は、きっとそんな感じかもしれません。

どの立場にも役割があるのですね。
命を育てる。命を絶つ。命をいただく。
愛情はかけながら、世の中が求めるような「商品」にする 。
この現状を、決して「かわいそう」と思ってはいけない気がしました。

色々な価値観と仕事に対する姿勢に思いを馳せた2日間。
岩手で取材したあれこれは、後日「好日写文録」にてアップ予定です。
お楽しみにお待ちください!

Photo:荻野哲生・光田さやか
Text:荻野哲生・光田さやか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です