取材の合間に何気なく立ち寄ったスイーツ店が実は有名店だったので、ひっくり返るほど驚いた。

「アイスクリーム職人」の名を冠する、スゴイお店だった…!

とある日のこと。某雑誌の取材で名古屋市内をうろうろ。
ふと現れた、きらびやかな外観に目を奪われ、足を止めました。

素人のようにガラスに写り込む我々。

「ぐ、ぐれいさぁー、えっくす。ヨシノリ・マツシマ?」
「ジュエリーショップかな?」

ふらふらっとガラスに吸い付いて店内をよく見ると…
ケーキに、アイスクリーム、ガトーがたくさんあるではありませんか!!
無類の甘党である我々、鼻息荒く店内へ!!

「…ショーケースのライトの当て方がいいねえ」とニヤニヤする男と、
「お店のコンセプトはなんですか?」とまじまじ聞いちゃう女。
職業病なんです、すみません。

こんな怪しい我々に、優しく教えてくれた店員さんによると、こちらは名古屋マリオットアソシアホテルの元パティシエ・松島義典氏が手掛ける洋菓子店なのだとか。
松島シェフは過去、世界最高峰の洋菓子の国際大会「クープ・デュ・モンド」の個人部門で1位を受賞したほどの腕前。
「GLACIER」=グラシエは、フランス語で、「氷菓子職人・アイスクリーム職人」という意味なのだそうです。
店内には、松島シェフがつくり上げた美しい氷の彫刻が展示してあり、
思わず見入ってしまいました…!

さっそく、ショーケースの中に並んでいたアイスクリームとケーキを購入!

店員さんにおすすめしていただいた、塩キャラメル!

まずこの見た目ですよ。ラグジュアリー!
アイスクリームを手土産にするときって、なんとなく「カジュアル」な感じになったりしませんか?
けれどこちらなら、高級感を演出してくれるので、カジュアルダウンを気にせずに持って行けそうです。

なめらか。

塩キャラメル、おいしすぎます…!
キャラメルですが、甘すぎないのです。どっちかといえばほろ苦さを感じるような、大人の味。
塩味がぐっと引き締めてくれるので、後味もさっぱり!

そしてケーキは、アズユーライクに選んでみました!

メレンゲとオレンジのタルト(手前)と、ピスタチオのオペラ(奥)

表面を香ばしく仕上げたメレンゲが、口の中でしゅわっと溶けます。
オレンジクリームは少し酸味があってアクセントになってました!

ピスタチオのほうは、ラズベリーのソースがナッティな風味をより引き立てていて、
上品なお味!
見た目的にも、男性受けしそうです。

ふらっと立ち寄ったパティスリー。
実は有名店と知ってひっくり返るほど驚きましたが、ステキなオイシイに出会えて大満足でした!


Glacier X 
愛知県名古屋市中区丸の内3-10-8 
Instagram:https://www.instagram.com/glacier_.x/

Text:光田さやか
Photo:荻野哲生

2 件のコメント

  • 見るからにおいしそうです。スイーツ好きには必須のお店です。絶対食べるぞ(笑)。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です