気になるあのヒト

<最終回>見えないゴールの“第一走者”。信じた人が歴史をつくる。――山口大学教授・竹中幸史

現場に立たせてバトンを渡す。ゴールへ導いてもらえるように。 その後、京都大学大学院の博士課程を修了。28歳にして大学講師になった。竹中さんは今も、憧れだった太田先生のように話術で学生たちを引き込み、歴史の面白さを伝えてい…

気になるあのヒト

<第2回>見えないゴールの“第一走者”。信じた人が歴史をつくる。―山口大学教授・竹中幸史

いよいよ歩む教員への道。成績を格段に上げた驚きの勉強法。 竹中さんが高校3年生の時に出会ったのは、日本史担当の太田治先生。とにかく話が面白く、冗談交じりで聴いていて飽きないのだ。太田先生のペースにどんどん引き込まれていく…

気になるあのヒト

<第1回>見えないゴールの“第一走者”。信じた人が歴史をつくる。―山口大学教授・竹中幸史

今、これを目にするあなたがいること。あなたの過去を、また周囲の誰かの過去を、ずっとずっと遡れば、そこには途方もなく長い歴史の流れがある。その歴史を研究し、すなわち過去を学ぶことによって未来のありかたを提起していく学問を「…