三重県・二見ヶ浦で見つけた「塩バニラジェラート」が絶品すぎて、もう1個ください!レベルでした。

やはり、「塩×甘味=うまい」の方程式は実証された…!

とある日。取材で三重県は伊勢地方を訪れました。
あの「夫婦岩」でも有名な三重県・二見ヶ浦にある「岩戸館」に立ち寄ることに。
なんとこちらでは、お塩を自家精製しているのです!

内容量の異なる2種類を購入!

6トンもの海水をくみ上げ、薪で煮続けること15時間!
「にがり」ができてきたところで、職人ならではの勘と熟練の技で、ひたすらに焼きあげていきます。
こうしてできた塩は、味に丸みを帯びていて、ややクリーム色になるのだそう。

これ、お塩なんですよ。

そんなお塩を使って作られたのが、この…

ミ   ネ   ラ   ル   ♡
っていい響き!

「塩バニラジェラート」!
「岩戸館」で購入しました。

…いや。我々、なんでこんなにアイスが好きなのか、自分たちでも恐ろしくなるほどですが、なにぶんアズ・ユー・ライクに選んでおりますゆえ、ご了承ください。

ひと口食べると…

とけとけくらいがおいしい…!

まず、さっぱりとした塩味を感じました!
そのあとにほんのりと、バニラの風味が。控えめがGOOD!
ジェラートなので、ちょっとシャリっとした舌触りもよかったです!
後味も、優しい塩のお味がのこっており…。
しょっぱすぎないのは、やはり昔ながらの製法で、丁寧につくられたお塩が持つ、神秘的ななにかがあるからなのかもしれません。

食べた後は、

「やっぱ塩と甘いのは、合いますよねえ~」

という、当たり前の結論に落ち着いたのでした。
そしてあのときお店で言えばよかったと後悔したのでした。

「もう1個ください!」と。

Photo:荻野哲生・光田さやか
Text:光田さやか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です