碧南が誇るにんじん娘・永井千春さんにインタビューしてきました。

碧南鮮紅(せんこう)という品種の人参

土地に寄り添い生きること。

矢作川の下流にある愛知県碧南市。矢作川の堤防下に広がる砂地(沖積低地というのでしょうか)。
そこで農家をしている永井千春さんにインタビューしてきました。
千春さんのひいおじいちゃんの代からこの土地で人参を作り始めたとのこと。
なんと大正時代か昭和初期からこのあたりで農業をはじめた記録が残っているそうです。

手塩にかけて育てたにんじんちゃん。その畑の中でインタビューを開始。
終始ケラケラとよく笑う千春さん。収穫した人参を片手にこの土地や人参についてお話を伺いました。

土地の成り立ち大好きなカメラマン荻野はライター光田よりも食いついて質問。
ここから荻野が聞いたマニアックな質問についてやりとりをご紹介。

まず、「なぜ、この土地で人参をつくりはじめたでしょうか?」と尋ねると、
人参は土の中に伸びて育てたほうが、美味しくなり、大きく長いものが甘さも均一になるのだと。
そのため、粘土質の土ではなく、砂地のように柔らかく土の中に伸びやすい土地が適しているとのことでした。
例えば粘土質のところで育てると寸胴な人参ができてします。
土の中に伸びることができずに、人参の味が濃くなりすぎてしまうのだとか。

次に「畝が高い(20cmぐらい)と思うのですが、なぜですか?それに畝の幅が広い(1mないぐらい)ような?」とお聞きしました。
高畝という栽培方法で、人参が伸びる時期に温度を下げすぎないようにするためなんだとか。畝を高くして、陽の当たる面積を増やすことで地面を温める工夫をこらしているのです。
そして幅の広い畝に4列ほど種を撒いて収穫量を増やしているかと思いきや!
隣の人参との隙間がなくなるので大きくなりすぎるのを防いでいるんですって。
その方が美味しい人参になると。
大きくなりすぎず、かつ美味しい人参を育てる。農業の考え方は色々あって面白いです。
ちなみに一反から5トンも人参が作れる時があるのですよ!5トンて。

人参談義。かわいいね〜と声をかけるそう。

農家として生きる。命を育むこと。

また、F1種(1世代交配)を使っているというお話も。
昨今の市場について考えるとF1種をつかって形と大きさが揃ってないとやはり売れないのかと。味は変わらないけど、形が良くないと一般の方はどんな料理に使っていいかわからないから買ってもらえない。
売れないと農業はできなくなるし、自分達で種を残してやる方法だと、とんでもなく高い人参ができて、それも消費者が手の出ない価格になって売れないとかになってしまうのかなと思いました。

農業って大変だ。苦労して命を育てるから、食に感謝していただきたいと思います。

人参の品種が、「八事五寸(やごとごすん)」や「碧南鮮紅(へきなんせんこう)」。「へきなん美人」だとかなんだかカッコいい名前が多かったです。
会話の中で響きだけ聞いていると戦隊モノの技の名前に聞こえてきました。
「ヘキナンセンコーーーー!!」

人参を収穫させていただきました。

千春さんの熱い思いに迫る。

ほんわかした雰囲気をお持ちの千春さん。インタビュー中に人参のことを語る時は机を壊さんばかりに興奮して熱く語る一面も見られました。
碧南で取れた人参は全て「碧南人参」という名称で市場に出回る中、千春さんは人参の品種を独自にブランディングして販路を拡大されました。
インタビューでは、独自にブランディングを行っていった過程をお伝えしていきます。

次回からは、「にんじんちゃん」と呼ばれるまでの千春さんの半生をお伝えしていく予定。
お楽しみに!!


photo・text:荻野 哲生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です